トップ

唇のシミの原因とはなにか

顔のお肌を丁寧にケアしていても少し忘れがちになってしまうのが唇のケア。特に唇はリップやルージュで色補正が簡単にできるので、シミができても薄ければ気にしない人も多い部位なのです。しかしできてしまったシミは唇も顔の皮膚も「消しにくい」ことに関しては一緒。自分では消しにくくなった唇のシミを改善するならクリニックへ行く必要も出てきます。今回はこの唇のシミに関してスポットを当ててご紹介します。

基本的に唇でも顔でも体でも、シミの1番の原因になるのは紫外線の影響です。ただ唇については紫外線の影響にプラスして口紅による色素沈着も原因になるので、両方を気を付ける必要が出てきます。

そもそも唇と言うのはとても皮膚の薄い部位であるので紫外線でもその他の刺激に対してもバリア機能がしっかり働く部位ではありません。このバリア機能が薄い唇をどうやって守るかと言えば、紫外線カット作用のあるリップや口紅で守るしかないのです。

ただし、口紅というのは濃い色素を使った化粧品なので、きちんとメイクオフできていなければ、口紅の色が色素沈着の原因として唇にシミを作ってしまうことになるのです。自分でできる唇ケアと言えば、リップや美容オイルによるリップパック。この方法で新陳代謝がよくなれば、軽い色素沈着なら自分で改善することも可能です。

しかしすでに濃くなってしまっている唇の色素沈着=シミについては、美容クリニックなどで治療をしないことには、根本からキレイになるというのは難しくなります。

毎日口紅をつけない人はまだ口紅の影響も少なくて良いのですが、毎日しっかりメイクをするという女性は、面倒くさがらずに口紅を落とすには専用のクレンジングを使用することをおすすめします。

Copyright © 唇のシミはなぜできるか. All rights reserved.